最適な虫歯治療の提案なら浅香デンタルクリニック

虫歯の症状虫歯の症状は普通「C0」から「C4」までの4段階に分れています。「C」は「カリエス」の頭文字で、カリエスとは虫歯のことです。「C0」の段階では歯科医院でフッ素塗布の治療やアドバイスを受け、自宅でフッ素を使って、丁寧に歯みがきをすれば、歯を健康な状態に回復させることも可能です。C1の段階ではエナメル質と呼ばれる歯の一番固い外側の部分が細菌によって溶け始めます。治療方法としては虫歯の部分だけを削ってつめものか、クラウンと呼ばれるかぶせものをします。


C2の段階では冷たい飲み物を飲むと歯がしみます。この段階での歯科での治療方法はC1の段階の治療方法と同じで、虫歯の部分だけを削ってつめものか、クラウンと呼ばれるかぶせものをします。C3の段階では神経まで虫歯が達しているので、歯の神経を抜き、その後虫歯の部分だけを削ってクラウンと呼ばれるかぶせものをします。この状態では歯に大きな穴が空き、膿が出て歯が割れることもあり、もし歯がクラウンをかぶせられない程酷い場合は、残った歯根を使い歯の代わりになる芯を作りその上にクラウンをかぶせます。

酒向歯科口腔外科クリニック
http://www.sakoh-dc.com/
歯医者 ホームページ作成
http://www.daredemo-dental.jp/
松戸 歯医者
http://www.kainohana-dent.jp/

C4の段階では歯がほとんどない状態で、歯根だけが残っている状態です。神経も死に、腐敗から歯茎から膿みが出て悪臭がします。歯根やそのまわりにまで炎症がおよぶと歯茎の中の骨が溶けて、熱が出ることもあります。この状態では抜歯しかなく、万が一歯根の状態がよければ歯根を残して義歯をかぶせることもあります。C4の段階の治療方法としては、歯科医院でブリッジと呼ばれる固定式入れ歯か取り外し式入れ歯の義歯か、または自費でインプラントにするしかありません。

歯医者 大田区
http://www.sakoh-dc.com/
歯科 ホームページ作成
http://www.daredemo-dental.jp/
かいのはな歯科診療所
http://www.kainohana-dent.jp/